読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IMSPACT

I N S P I R E + I M P A C T

再起 #02

まず初めに空撮の件、少し延期ですw
Twitterを見てもらえばわかると思うんですが、僕のドローンへの執着心は気候なんて関係なかった。ただ飛ばしたかった。SDカードを入れて空撮を楽しむ様子を見たかった。
子供がおかし買ってくれないと泣いちゃう程執着する。そんな感じ。


それは言い過ぎか。それはそうとなぜドローンに手をつけたかが気になるよね。
ドローンを旅行先に持って行って綺麗な景色を撮りたいってのがまず目的。単純でしょ。
特に海外に持って行って撮りたい。絶対楽しいもんww
今後はドローンでの事業展開も視野に入れてる。景色を楽しむ以外にビジネスとしてドローンを使用したケースも2016年には沢山見てきた。
例えばドローンでの人命救助にはかなり興味がある。まだまだ問題点が多く、学びべき点があるとは思うんだけどこういうのはどんどん社会に適応して行って欲しい。


ドローンだけには限らないんだけど、テクノロジーやIT関連のニュースサイトは毎日確認するようにしてる。
仕事の合間や、食事の待ち時間…という感じで隙間時間を利用して刺激を与え続けるようにしてる。字を読むのは眠くなるから好きじゃなかったんだけど最近は習慣付いて好きにさえもなってきた。
ふと思い出すと幼い頃からガジェット系には興味津々だったからこそ今の自分の仕事があったのだと思う。
あとレゴブロックね!一人でめっちゃ遊んでた記憶がある。


そう、好きなことになったら周りが見えなくなるほど集中しちゃう。反対に嫌いなことは全くもって興味を示さない。そんな人いるよね。それが僕。
学生時代は周りに合わせるのがすっごく大変だった。運動会の応援合戦とか行進。協調性を養う教育だったんだろうけど、正直苦手。
けどNOと意見するだけの自信はなかった。川の流れに逆らうことのできないちっぽけな葉っぱ。ただ流されていくだけ。
よく小学生に戻りたいとかいう人いるけど学生時代に戻りたいと思ったことはない。正確には戻りたいと思ったことはあるんだろうけど今の自分から戻りたいなんて到底思わない。


理由はただ一つ。未成年は責任という壁を自由な翼で飛び越えれないから。
その翼は僕にとっての「働く」象徴なんだと思う。




ドローンは再度挑戦しますんでよろしく!
その他近況状況はTwitterを確認してみてね。
ではまた次回お会いしましょう。



かるま(@Design_Karma)